津村和彦追悼ライブ

当代優れたMODERN JAZZ GUITARISTの一人、津村さんが6月に急逝されました。享年58歳。追悼ライブで彼を偲びました。

これからも益々の活躍が期待されていましたが、このような若さでの逝去は本当に例えようもないショックを受けました。田村 博さんから紹介されたのは20数年前。以来、私のCDやライブ活動でお世話になりました。

今年は2月と4月のライブで共演して、そして今回のライブや、9月には山下洋輔さんとの共演も楽しみにしていたのですが、もうご一緒出来なくなったと思うと残念でなりません。ライブには、“津村フアン”が大勢来場され、皆さんこの訃報には 「色気のある、華麗なアドリブが聴けなくなるんだ! 寂しくなるなあ」等、一様に驚きと逝去を惜しむ声が聞かれました。

1ST SESSIONの初めは、彼を供養する為に彼の好きな曲を、私からは今日のライブの為に作曲した鎮魂曲(歌詞は作成中)を演奏して貰いました。

1st SESSION

  1. PLAY FOR KAZUHIKO TSUMURA BY HIROSHI TAMURA
    DJANGO COMPOSED BY JOHN AARON LEWIS
    HOW INSENSITIVE BY ANTONIO CARLOS JOBIN
    REMINISCENE (ORIGINAL) BY TAKASHI KAMIYAMA

MUSICAL 特集( 1 )

  1. FREDERIC LOEWOE
    "BRIGADOON" 1947
    – ALMOST LIKE BEING IN LOVE
  2. RICHARD RODGERS’ MEDLEY
    "GARRICK GAIETIES" 1925
    – MANHATTAN
    "BABES IN ARMS" 1937
    – MY FUNNY VALENTINE
    "THE KING AND I" 1951
    – HELLO, YOUNG LOVERS
  3. IRVING BERLIN’S MEDLEY
    "HOLIDAY INN" 1942
    – WHITE CHRISTMAS 1942
    "TOP HAT" 1935
    – ISN’T IT A LOVELY DAY?
    – THE SONG IS ENDED
  4. HAROLD ARLEN
    "THE WIZARD OF OZ" 1939
    – OVER THE RAINBOW
  5. JEROME KERN
    "SWING TIME" 1936
    – THE WAY YOU LOOK TONIGHT
    "ROBERTA" 1935
    – SMOKE GETS IN YOUR EYES (PLAY BY HIROSHI TAMURA)
  6. GEORGE GESHWIN’S MEDLEY
    "OH, KAY" 1926
    – SOMEONE TO WATCH OVER ME
    "GEORGE WHITE’S SCANDALS" 1924
    – SOMEBODY LOVES ME

2nd SESSION

  1. COME DANCE WITH ME – JAMES VAN HEUSEN 1955
  2. THE ROSE TATTO – HARRY WARREN 1955
  3. WHAT NOW MY LOVE – GIRBERT BECAUD 1961
  4. A GARDEN IN THE RAIN – CARROLL GIBBONS 1928
  5. GENTLE RAIN – LUIZ BONFA 1965
  6. GEORGIA ON MY MIND – HOAGY CARMICHAEL 1930
  7. WHAT A WONDERFUL WORLD – DAVID WEISS 1968
  8. ONLY YOU – ANDO RAND 1956
  9. THE NEARNESS OF YOU – HOAGY CARMICHAEL 1940
  10. WHEN I GROW TOO OLD TO DREAM – SIGMUND ROMBERG 1935
  11. FLY ME TO THE MOON – BART HOWARD 1954
  12. IT’S THE LAST SONG – JAMES VAN HEUSEN 1953

撮影: 佐藤導直 氏

広告

津村和彦追悼ライブ」への1件のフィードバック

  1. 津村和彦氏の件は本当に悲しく、残念でしたね。ジョン・ルイスの「ジャンゴ」の曲を取り上げてくださり、有難うございました。
    恐竜博士の演奏はすばらしかったですね。貴兄の津村氏に捧げてお作りになった鎮魂曲も、厳かで胸に響きました。津村氏に対する思いが充分に伝わって来る曲だと思いました。お唄いになった曲は、我々年代にとってはポピュラーなものが多く、愉しく聴かせて頂きました。それにしても貴兄は体力がお有りになるのですね。感心しました。次回のライブを楽しみにしております。