gallery: 2019/03/08 – DAPHNE

MICHEL LEGRAND 追悼ライブ

今回は今年1月26日パリで死去したMICHEL LEGRAND(享年86歳)の作品を中心に取り上げ、お客様と共に彼の偉業を偲びました。彼の名を世界に知らしめたのは、何といっても、1964年、台詞の一切ない革新的なMUSICAL FILM “THE UMBRELLAS OF CHERBOURG”(シェルブールの雨傘)の作品。世界的に爆発的に人気となった主題歌は、いわゆるセンティメンタルで胸を打つLEGRAND節。映画音楽の効果と相まってカンヌ映画祭では、パルムドール賞を受賞。

ACADEMY賞では、”外国語映画賞”、主題歌賞(I’LL WAIT FOR YOU)に夫々候補作品となった。しかし、”外国語映画賞”はイタリア映画”YESTERDAY, TODAY AND TOMORROW”に, “主題歌賞”は”いそしぎ”の”THE SHADOW OF YOUR SMILE”に受賞を奪われた。その4年後1968年STEVE McQUEEN主演の”華麗なる賭け”で主題歌賞を、1971年”SUMMER OF ’42” (思い出の夏)で映画音楽賞を受賞してACADEMY賞の常連となる等、映画音楽界での地歩を着実に築いて行った事でも知られる。LEGRANDのファンは多く、お客様から「久し振りに、青春時代の名曲を楽しみました」と感想が寄せられました。


1st SESSION

  1. PLAY: MOANING 1958 BY BOBBY TIMMONS
  2. I’VE GOT THE WORLD ON A STRING 1932 BY HAROLD ARLEN
  3. APRIL IN PARIS 1932 BY VERNON DUKE
  4. SUDDENLY IT’S SPRING 1947 BY JAMES VAN HEUSEN
  5. SPRING IS HERE 1938 BY RICHARD RODGERS
  6. PLAY: THE SUMMER KNOWS 1971 BY MICHEL LEGRAND
  7. YOU MUST BELIEVE IN SPRING 1966 BY MICHEL LEGRAND
  8. I WILL WAIT FOR YOU 1964 BY MICHEL LEGRAND
  9. WATCH WHAT HAPPENS 1964 BY MICHEL LEGRAND
  10. HOW DO YOU KEEP THE MUSIC PLAYING 1982 MICHEL LEGRAND
  11. TOO CLOSE FOR COMFORT 1956 BY GEORGE DAVID WEISS SECOND SESSION

2nd SESSION

  1. PLAY: THE WINDMILLS OF YOUR MIND 1968 BY MICHEL LEGRAND
  2. WHAT ARE YOU DOING THE REST OF YOUR LIFE 1969 BY MICHEL LEGRAND
  3. SINGING IN THE RAIN 1929/1952 BY NACIO HERB BROWN
  4. TILL THERE WAS YOU 1957/1962 BY MEREDITH WILLSON
  5. LOVE AND MARRIAGE 1953 BY JAMES VAN HEUSEN
  6. AGUA DE BEBER 1965 BY CARLOS JOBIN
  7. LOVE IS HERE TO STAY 1937 BY GEORGE GERSHWIN
  8. IT’S EASY TO REMEMBER 1935 BY RICHARD RODGERS
  9. JUST IN TIME 1956 BY JULE STYNE
  10. SPEAK LOW 1943 BY KURT WEILL
  11. NIGHT AND DAY 1932 BY COLE PORTER
  12. DAY BY DAY 1957 BY PAUL WESTON
  13. YOU’D BE SO NICE TO COME HOME TO 1942 BY COLE PORTER

スケジュール

撮影者: 佐藤導直氏

広告

コメントは受け付けていません。