information: 2015 – 新年のご挨拶

昨年は、一年の長きに亘り療養し、正に晴天の霹靂の出来事で、不本意ながら音楽活動を休止しました。これを休養、充電(?)に変え養生してまいりました。お陰様で体調が快復し、今年はこの成果をご披露したいと思っています。再び、ヴォーカル・ファンの皆様と音楽の楽しみを分かち合いたいと願っています。

2015元旦

広告
information: 2015 – 新年のご挨拶 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2015(Information)

information: 新年のご挨拶

昨年は、地震、津波、加えて原発の事故と未曾有の災害に見舞われた東北地方。この痛ましい悲惨な状況から必死に復興に立ち上がって居られる被災者の方々に、心からのお見舞いを申し上げます。そして一日も早い復興をお祈り致しております。
又皆様にとりましても、平穏な一年でありますよう心から願っております。

昨年は、懐かしい映画の主題歌特集を「SCREEN FAMOUS COLLECTION」と題して数々の主題歌を、エピソードを交えてお楽しみ頂きました。初めて唄う曲も含めて100曲を超えました。今年も、引き続きこのテーマでライブを続ける積りでおります。主題歌の背景にあるエピソードをこれまで以上にいろいろな角度からご紹介して行きたいと思っております。

Standard Songの大半は映画主題歌で占められていると云っても過言ではありません。
トーキー時代に入った1930年当初から、様々な楽曲が作られて来ました。古さを感じさせず、心に響く旋律が愛されているのは、ご覧になった映画の画面に展開する楽しい、或いは悲しい場面と綺麗な音楽が上手く重なり、大きな感動を覚えたことにあると思います。長く記憶に残り、青春時代を思い起こさせる映画音楽の効果は今更ながら、音楽の持つ力と魅力のなせる業だと痛感しています。今年は違った角度から曲の持つ背景をとらえ、ちょっと違う味を出すべく頭に描いています。変わらぬご支援をお願い致します。

information: 新年のご挨拶 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2012(Information)

information: TV出演 – NHK BS PREMIUM “宮川彬良ショータイム”

NHK BS PREMIUM番組「宮川彬良のショータイム」の「“音楽に恋して” – 第二回」(副題:還暦で再デビューしたジャズヴォーカリスト)のコーナーに出演します。番組は5月28日(土)20:30~22:00の放送予定です。

これまで、BS2で二年間放送されていた宮川彬良(pianist/編曲者)をフィーチャーした人気番組“ドレミファ・ワンダーランド”は、4月か らBSチャンネルの変更に伴い (BS2放送を取り止め、“ハイヴィジョン”放送に併合し、これを“BS PREMIUM”の呼称で発足) 「SHOW-TIME」と云う新しい番組に衣替えになりました。この「SHOW-TIME」は、宮川彬良、武田鉄也、谷村新司、石井竜也の四人が夫々各週 担当し「SHOW」を案内・演出する内容と聞いています。

これまで、NHKには、2003年11月BS2の30分テレビ番組“人生自分流”, 2006年3月NHK総合テレビ首都圏ネットワーク“熟年夫婦”, 2006年11月NHK総合テレビ“飛び出せ定年”、ラジオ番組はNHKの2003年11月の”ラジオ深夜便”、2005年9月村上信夫アナウンサーとの 対談番組“今日も元気でわくわくラジオ – ときめきインタビュー”に出演しました。他局では2001年2月FM鎌倉トーク番組 – 1ST CD紹介、 同年11月ラジオ短波放送トーク番組“我等マスターズ”、2002年11月ラジオ短波放送トーク番組 – “Taste of Jazz”、2002年11月FM東京衛星放送 – “Talking of Jazz” (2nd CD紹介)、2003年5月ラジオ短波放送 – “山下洋輔トーク番組”、2003年3月FMSalus2時間トーク番組 – “Art Junction”他、新聞・雑誌には2002年4月コラム“交友抄”(SF作家堀 晃著)他に取り上げられました。今回のNHK BS Premium「ショータイム」も楽しみにしています。ご笑覧下さい。

information: TV出演 – NHK BS PREMIUM “宮川彬良ショータイム” はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2011(Information) タグ

information: 「LUNCHEON AT THE DAPHNE 鎌倉」!

Jazz Club & Restaurant – “DAPHNE”は 鎌倉のライブ・ハウスの殿堂として知られ、楽しいジャズを聴きながらレストラン「KIBIYA」(吉備屋)の料理やダフネ・ラヴェル他の美味しいワインが大変人気で、お客様に大評判です。

ダフネでは、昨年12月からLuncheonを始めたことを知り立ち寄りました。センスに溢れたプロヴァンス風の美味しい料理がお手頃なお値段 (\1,000~1,300)で楽しめるので嬉しい驚きでした。タイトルをAudrey Hepburnの映画“Breakfast At The Tiffany’s”をもじって「Luncheon At The Daphne 鎌倉」としましたが、正にこの洒落た雰囲気と美味しさを満喫出来ます。「Luncheon」とは“Lunch”より少々形式ばった言葉ですが、料理は大き なプレートにメインの他スープ、野菜、キッシュ等が目に鮮やかな色でデザイン良く並べられ、正に「Luncheon」に相応しいものです。

この昼の部はオーナー牧野さんの次女の澄(通称”イズ”)さんが経営しています。郷原シェフ自慢の鎌倉野菜のサラダピザはダフネならではのメニュー の一つ。イズさんはパティシエとしても腕を振るい、デザートを作っています。私が食したアップルパイは久し振りで味わった美味しさでした。

営業時間は正午から14:30 (ラスト・オーダー)、 14:30 – 16:00 (ティータイム)。
鎌倉に来られたら、ダフネのランチをお勧めします。

アクセス:
鎌倉駅東口下車。“小町通り”を入り、一つ目の十字路を過ぎ、次の小路(両角は食肉屋と源吉兆庵/和菓子屋)を入る。暫く歩き”若宮大路”に出る右側手前の榎本ビルの3階がダフネ店。

住所: 鎌倉市小町1-10-10 榎本ビル3階
電話: 0467-24-5169

information: 「LUNCHEON AT THE DAPHNE 鎌倉」! はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2011(Information) タグ

information: 新年のご挨拶

どれ程の歳月が流れても“一年の計は元旦にあり”! 今年は次の10年後(!?)を 見据えてのスタートの年。初心に帰り、より一層の研鑽、研鑽をして参ります。歌詞に込められた世界をもっと深く表現出来るようにまた音楽漬けの一年になりそうです。

尚、昨年は友人達から背中を押されての再々デビューから10年という節目の年を迎え感慨深いものがありました。この記念に四枚目のCD製作を企画し ようと意気込んだものの諸般の事情で実現が叶わずでした。その代わりに大変記念になる嬉しいことがありました。其の一:テナー歌手北山吉明氏と金沢市での 二夜連続の共演、クラシックとジャズとの類をみない出合いのコラボレーションでした。その二:横浜の女性コーラス・グループ「レインボー・コール」(主宰 渋谷節子氏)が定期演奏会で、家内の作詞に私が作曲した「星のささやき」(三枚目のCD“ONLY LOOK AT YOU”に収録)を合唱曲として取り上げ披露して下さったことです。予想もしなかったことですが、これからの活動範囲の広がりが期待出来そうで嬉しく思っ ています。

皆さんのご健康とご多幸をお祈り致します。

information: 新年のご挨拶 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2011(Information)

information: 山下洋輔著「ピアノ弾き即興人生」

山下洋輔さんが書かれた「ピアノ弾き即興人生」が10月20日に徳間書房から出版されました。定価\1,680.-。1998年から新聞、雑誌その他に書 かれたエッセイ集。山下さんがお付き合いのある方々とのエピソード、ジャズに関する講演内容、奇想天外な俳句とジャズについての考察など、山下さんならで はの魅力が満載です。編集も、音楽に因んだ「組曲」、「人間楽章」、「スケルツ」他の面白い構成。「人間楽章」で私が山下さんとの二人ライブの事も掲載さ れています。

ピアノ弾き即興人生

information: 山下洋輔著「ピアノ弾き即興人生」 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2010(Information) タグ

information: 新年のご挨拶

瞬く間に時が流れ、新しい年が巡ってきました。新年を迎えると、年の初めの行事が自然に節目の役割となって、気分を新にして呉れます。今年はCDデビュー から10年目を迎えます。山下洋輔さん、田村 博さんはじめ音楽仲間達のお蔭で長年のブランクからジャズ・ヴォーカル界に復帰、三枚のCDを出版し、コン サートやライブ活動、更にオリジナル曲制作の発表等、精一杯の活動をして参りました。これもひとえに私の活動を温かく支えて下さった皆様の存在があっての ことと心より感謝しています。この間培って来た経験をもとに、これからもスタンダード・ソングを愛される皆様と楽しさを分かち合って行きたいと思っていま す。最後の試みとなるであろう、10年目を記念するCDを作りたいと計画中です。実現すれば、これが四枚目 – 本当の”オシマイ”です。
今年も宜しくお願い致します。

information: 新年のご挨拶 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2010(Information)