information: 新年のご挨拶

昨年は、地震、津波、加えて原発の事故と未曾有の災害に見舞われた東北地方。この痛ましい悲惨な状況から必死に復興に立ち上がって居られる被災者の方々に、心からのお見舞いを申し上げます。そして一日も早い復興をお祈り致しております。
又皆様にとりましても、平穏な一年でありますよう心から願っております。

昨年は、懐かしい映画の主題歌特集を「SCREEN FAMOUS COLLECTION」と題して数々の主題歌を、エピソードを交えてお楽しみ頂きました。初めて唄う曲も含めて100曲を超えました。今年も、引き続きこのテーマでライブを続ける積りでおります。主題歌の背景にあるエピソードをこれまで以上にいろいろな角度からご紹介して行きたいと思っております。

Standard Songの大半は映画主題歌で占められていると云っても過言ではありません。
トーキー時代に入った1930年当初から、様々な楽曲が作られて来ました。古さを感じさせず、心に響く旋律が愛されているのは、ご覧になった映画の画面に展開する楽しい、或いは悲しい場面と綺麗な音楽が上手く重なり、大きな感動を覚えたことにあると思います。長く記憶に残り、青春時代を思い起こさせる映画音楽の効果は今更ながら、音楽の持つ力と魅力のなせる業だと痛感しています。今年は違った角度から曲の持つ背景をとらえ、ちょっと違う味を出すべく頭に描いています。変わらぬご支援をお願い致します。

広告
information: 新年のご挨拶 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2012(Information)