gallery: 2007/12/14 – CHRISTMAS SONGS特集

今年最後のFAROUT LIVE。季節柄趣向を凝らしたクリスマス・ソングの特集をお楽しみ頂きました。いつものように「弾き語り名人」の村尾陸男さんとの二人ライブ。村尾さん が昨年末に出版された「ジャズ詩大全・別巻クリスマス編(50曲)」を参考にして7曲をご披露しました。これまで22巻出版されているこの「ジャズ詩大 全」は隠れた「BEST SELLER」。スタンダード・ソングの歌詞の邦訳にとどまらず、ジャズの文化史、曲に纏わる沢山のエピソード、はたまた村尾さん独自の評論等など、興味 ある内容が満載です。

劇団四季のMUSICAL「CRAZY FOR YOU」や「CONTACT」の訳詩も担当されました。「弾き語りの名人」だけでなく幅広くご活躍の村尾さんと、来年の二人ライブも特集を組んで愉快にやりたいと思います。ご期待下さい。 続きを読む

広告
gallery: 2007/12/14 – CHRISTMAS SONGS特集 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2007(Gallery) タグ

gallery: 2007/11/24 – 作詞家特集

今年最後のDAPHNEライブ。 今回は作詞家「JOHNNY MERCER」の特集。キラ星のようにいる作詞家達からMERCERを選んだ理由は、

  1. 終生、PARTNERとなる作曲家を決めずに作品を書き、
  2. 1920年代後半から30年台初頭にかけて、CROSBYの向こうをはってCROONER歌手として活躍、
  3. 今でも破られていないACCADEMY作詞賞を最多の四回も受賞、
  4. 作曲にも才能があり、「DREAM」他の曲を作曲。(FRED ASTAIR主演映画 “足長おじさん”に書いた曲 “SOMETHING’SGOTTA GIVE”はACCADEMY首題歌賞にノミネートされた程の名曲。またこの首題歌賞にノミネートされたのは18回)、
  5. 加えて実業関係でも活躍 – MAJOR RECORD会社の “CAPITOL”の創設者の一人

と云うように多才で珍しい存在なので、以前から興味を持っていたからです。この特集は彼の偉大な足跡を振り返る良い機会になりました。お客様にも楽しんで頂けたと思います。 続きを読む

gallery: 2007/11/24 – 作詞家特集 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2007(Gallery) タグ

gallery: 2007/11/18 – DEBUT AT PUBCAFE “WHO’S WHO”

今年1月に開店した「WHO’S WHO」にデビューしました。当夜はジャズ評論家、写真家、尺八、和太鼓の師匠他著名な方々がお出かけ下さり楽しく過ごしました。今回はお客様にお馴染み の曲を揃え久し振りに “AS TIME GOES BY” “WAVE” “MONA LISA”他をご披露しました。

続きを読む

gallery: 2007/11/18 – DEBUT AT PUBCAFE “WHO’S WHO” はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2007(Gallery) タグ

gallery: 2007/10/21 – 小松ライブ

久し振りに関東以外でのライブ。石川県小松市のHOME PARTYにPIANISTの「恐竜博士」こと田村 博さんと招かれました。STANDARD SONGに造詣が深く、その上[ JACKY & ROY ]のように見事なデュエットをなさる瀬川秀隆さんご夫妻の肝煎りで沢山のJAZZ愛好者を集めての一大イヴェント。金沢市他で活躍されている PIANIST, VOCALIST, 「加賀のパバロッティ」と異名を持つクラッシックの声楽家他が参集。’50年代の「OLDIES」や映画音楽を中心に宴を繰り広げ、 夜がふけるのを忘れる程に盛り上がりました。 続きを読む

gallery: 2007/10/06 – POPULAR STANDARD SONG特集 VOL 3

横浜JAZZ PROMENADEの初日と重なりこれまでにない少ないお客様でしたが、「弾き語り名人」の村尾陸男氏と熱いライブを展開し楽しいライブとなりました。当 夜も私の演目は皆様にお馴染みの曲を揃え、特に“RED SAILS IN THE SUNSET”の作者JIMMY KENNEDYが1939年にMICHAEL CARRと作った“国境の南”をTORCH SONG風にアレンジしたり、ライブでは初めて進駐軍放送から頻繁に流れていたLIONEL NEWMANの作品でVIC DAMONEがミリオン・ヒットを飛ばした“AGAIN”もご披露しました。“AGAIN”は最近では全くと云っていいほど歌われていませんが、お客様も この綺麗な旋律に新鮮なものを感じて下さったようです。村尾氏も“BLUE PRELUDE”, “SMALL HOTEL”他を熱唱。NEW YORKのHOTEL LOUNGEで聴いているような雰囲気を醸し出していました。 続きを読む

gallery: 2007/10/06 – POPULAR STANDARD SONG特集 VOL 3 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2007(Gallery) タグ

gallery: 2007/09/22 – MEET KENICHI SHIMAZU (pianist)

秋に纏わる曲を中心に選曲し嶋津健一さんとのDUO LIVEでした。嶋津さんはライブ活動の他CD制作にも意欲的ですが、 彼のCD “ALL KINDS OF BALLAD”で “RED SAILS IN THE SUNSET” (邦題:夕日の赤い帆)を取り上げていたので興味を抱いていました。この曲は“HARBOUR LIGHT”, “ISLE OF CAPRI”を書いた英国人のJIMMY KENNEDYとHUGH WILLIAMSのヒット・メーカーの作品。’40 – ’50年代に軽快なダンス音楽として人気を集めていたため、このイメージが強くBALLADには不向きと思い込んでいたからです。しかし、この演奏を聴き BALLADに相応しい曲になっているのに新鮮な驚きを覚えました。この選曲は正に嶋津さんならではと、改めて彼のセンスを再確認! そこで折角のDUOなので、嶋津さんに敬意を表する意味で、私流に少々趣向を加えてこの曲, 他に同じCDの中から“NEVER LET ME GO”, “MORE THAN YOU KNOW”を初めてご披露しました。 続きを読む

gallery: 2007/09/22 – MEET KENICHI SHIMAZU (pianist) はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2007(Gallery) タグ

gallery: 2007/08/25 – POPULAR STANDARD SONG特集 VOL 2

今年の“FAROUT LIVE”は年間テーマとして、お馴染みの曲で、しかも最近では余り歌われていないと思われる懐かしい「STANDARD SONG集」をお楽しみ頂いています。

ご存知の通りSTANDARD曲は1910年代から1970年代にかけて沢山の曲数があり、毎回選曲に苦慮しています。’30年代の STNADARDに加えて普段余り歌っていない’20年代の代表曲である“MY MELANCHOLY BABY”, “IT HAD TO BE YOU ”, “ARE YOU LONESOME TONIGHT”, “IT ALL DEPENDS ON YOU”他をご披露しました。選曲に苦労と云いつつも、作業は楽しく、調べて行く内にSTANDARD曲の宝庫はなんといっても1930年代であることが 分りました。1929年に「大恐慌」が発生し、興行資金のかかるMUSICAL公演が少なくなった結果、大作曲家は誰もが1928年以降トーキー時代に 入った映画の都 “HOLLYWOOD”に拠点を移し、FRED ASTAIR他のスターが主演するMUSICAL映画製作を始めました。 また、1928年に創設されたACCADEMY賞は当初作品賞、男優・女優主演賞、監督賞、脚本賞だけでしたが、1934年に映画音楽部門、主題歌賞部門 が新設され、これが作詞・作曲家達の創作意欲を掻き立てたのではないかと思われます。

次回、10月6日(土)のFAROUT LIVEもご期待下さい。

続きを読む

gallery: 2007/08/25 – POPULAR STANDARD SONG特集 VOL 2 はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2007(Gallery) タグ