gallery: 2012/12/01 – Farout

今年もあっという間に”師走”となり、本格的なクリスマス・シーズンに突入。お客様からのリクエストで”Christmas Song”特集を組んでお楽しみ頂きました。この特集をするに当たり、改めてどんなX’mas Songがあるかを調べた処、Richard Rodgers, Johnny Mandel, Don Costa, Irving Gordon他の錚々たる作曲家達やBarry Manilowも作曲していて、意外に沢山あることが分りました。当夜は、これまでの総売り上げ枚数が一説には一億枚以上と云われているIrving Berlinの名曲”White Christmas”他お馴染みの曲をご披露しました。
続きを読む

広告
gallery: 2012/12/01 – Farout はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2012(Gallery) タグ

gallery: 2012/11/12 – AUTUMN LIVE “DEDICATED TO THE GREAT VOCALISTS”

今年最後のダフネ・ライブは「男性歌手に捧げる」の特集。9月25日に癌で他界したAndy Williamsも含め、下記の大御所達のヒットソングを, 隠れたエピソードをご紹介しながら、メドレー形式にアレンジして唄い綴りお楽しみ頂きました。Frank SinatraはBing Crosbyに、Vic DamoneはSinatraに憧れ、Mel TormeはFred Astairの唱法に影響を受ける等、どの歌手も夫々が大なり小なり先達の影響を受けています。若い頃にヴォーカルの登竜門で個性的な歌唱で優勝しながらも苦労の連続の末成功に至った歌手、Tony Bennettのように運が良くBob Hopeに認められて、これがスターダムへの道を切り開くきっかけになった歌手、多くの歌手達はどんな小さな機会でも必死な思いで自分を売り込んで道を切り開いています。Sinatraでさえ常に高みを目指していくつものハードルを乗り越えました。どの世界でも共通して云えることですが、才能、技量だけでなく、自分が信じる道は”歌”しかないとの一途な思いと情熱こそが、ゴールに到達する力の源。このような事に想いを馳せて唄いました。

続きを読む

gallery: 2012/11/12 – AUTUMN LIVE “DEDICATED TO THE GREAT VOCALISTS” はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2012(Gallery) タグ

gallery: 2012/11/08 – “俺のフレンチ Table Taku”

これまでにない斬新な創意工夫で飲食業にデビューし注目を集めているVALUE CREATE社のレストラン”俺のフレンチ”, “俺のイタリアン”は爆発的な人気ですが、9月に”俺のフレンチ”の銀座2号店”俺のフレンチ・TAKU”を開店。当店はライブ演奏を聴きながら食事が出来るという新しい趣向を取り入れています。今回”恐竜博士”ことピアニストの田村 博とのデュオ・ライブをしました。店は入れ替え制で、16時、18時、20時の3回。各回共に店の前にお客さんが並ぶ大盛況。お馴染みの曲をご披露しお楽しみ頂きました。

続きを読む

gallery: 2012/09/15 – FAROUT

暦の上では立秋は8月8日、暑さが収まる処暑は8月23日。昔の気象を当てはめるのは無理と承知してはいるものの、ここ十数年、いやそれ以上に、暦通りにいったためしは皆無。今年も猛暑が激しく、未だに残暑厳しい日々が続いています。これまで、それに纏わる曲の特集をしてきました。しかし、この暑さ続きでは、”秋”を唄う気分にはなれず、秋特有の澄み切った青空と爽やかな天気を渇望する気持ちを込めて, 新しいアレンジのIrving Berlinの”Blue Sky”, 趣きを変えたHarry Warrenの名曲”September In The Rain”を披露するにとどめました。

今回は、私のライブで歌ったことがない名曲を中心に聴いて頂きました。Musical”West Side Story”で脚光を浴びた俳優兼ダンサーのGeorge Chakirisも、彼のCDの中で歌っていた”Ill Wind”(,Harold Arlenの名曲), “The Song Is Ended”(Irving BerlinのTorch Song(失恋の歌))を編曲者Nelson Riddle風な感じを取り入れてアレンジしたり、作詞・作曲家で、音楽評論家でもあるAlec Wilderのバラード”Where Is The One”。 そして、久し振りに、James Van Heusenが作曲した1944年の映画”Belle of The Yukon”の主題歌”Like Someone In Love”他を楽しんで頂きました。尚、Heusen作曲の”Like Someone In Love”が、丁度私のライブの日に日本で封切りになった映画の題名に使われていたことを紙上で知り急遽取り上げました。この映画は今年カンヌ映画祭で「最高賞」を競った作品で、日本の俳優を使い、そして全編日本で撮影された映画。87歳の元大学教授が、教え子の学生に仄かな恋をすると云う内容とか。恐らく、この題名を付けた監督は大のStandard Song愛好者でないかと想像しています。何故なら、曲名を映画の題名に使うとは面白い試みであると思うからです。
続きを読む

gallery: 2012/09/15 – FAROUT はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2012(Gallery) タグ

gallery: 2012/08/19 – SUMMER LIVE

「真夏のジャズ・ライブ」- 久し振りに厳しい残暑の下(8月19日)、鎌倉ダフネでライブを開きました。小町通りは祭りで沿道を埋め尽くす人波、其の中を神輿が練り歩き、威勢の良い掛け声が響く独特の夏の風物詩。駅前は海水浴の乗降客が行き来し、猛暑もなんのその。そんな混雑した中を、圧倒されながら人を掻き分け会場に到着。

混雑、猛暑の中、ライブに来られる方々は大変だなあーと案じましたが、幸いにも、大勢の方々がお見え下さり感謝。いつも通り、お客様に楽しんで頂けることを第一と心がけ選曲やアレンジを工夫し、準備万端で臨みました。田村 博・加藤真一両ヴェテランの巧みな伴奏で、心行くまで唄うことが出来ました。暑気払いのお役にたてたかは疑問ですが(??)。

19時開演、22時終演で三回のSESSIONでした。1ST SESSIONは「世界旅行」をテーマにして下記のヒット曲を唄いました。久し振りにフィリッピンのポップスで、夏になるとビア・ガーデンでハワイアンと共に演奏される”Dahil Sayo”をジャズに衣替えさせたり、インドネシアのポップス”Gubahanku”も取り上げ、ジャズ・バラードにしてご披露しました。私自身の滑舌のよい(??)しゃべりと歌は、皆様にお喜び頂けたようで安堵の一夜でした。
続きを読む

gallery: 2012/08/19 – SUMMER LIVE はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2012(Gallery) タグ

gallery: 2012/07/08 – BIRTHDAY LIVE

横浜関内(扇町)にあるJazz & Restaurant “FAROUT”で2年振りにBIRTHDAY LIVEを開催。今年7月8日で「後期高齢者」、親しい友人達が祝ってくれました。特に「後期高齢者」になったからといっても、特別な感慨があったわけではないのですが、還暦時に“第二期青春時代”と称していましたので、「後期高齢者」となった今回を“第三期青春時代”と称することにしたわけです。この最後の“青春時代”を、これからも一層心身共に若さを維持したいとの願いを込めたライブでした。

いつものように、当店の“弾き語り名人”村尾陸男氏とのDUO LIVEでしたが、1部の途中で、どこか見覚えのある方がお出でになったのが目に入り、なんと、この方が全く予想もしていなかったJazz界の大御所、“LEGENDARY ALTSAX PLAYER”の清水万紀夫氏。“BIG SURPRISE”! そして、光栄にも2部で、歌の伴奏をして頂くことになりご好意に深く感謝です。“大先輩”との共演に嬉しさと感激で舞い上がったことは云うまでもありません。ジャズ通の友人達は一様に“今日来て良かった、ラッキーでした”と大喜び。本当に思い出に残るライブとなりました。清水さんに改めて感謝した次第です。 これからも、ライブを続け、人との出会いを楽しみたいとの思いを強くしました。

続きを読む

gallery: 2012/05/25 – FAROUT

爽やかな初夏の気候に心も躍り、何故か、青春時代に楽しんだ”ダンス・パーティ”を思い出していました。そこで、今回のライブは、映画主題歌に代えて、”ダンス”を唄った曲を集めて、遠い昔を偲んでみようと。しかし、題名に”ダンス”が付く曲が意外に少ないことが分り、選曲に少々苦労しましたが、暫く唄っていなかった曲も取り上げて、お客様に楽しんで頂きました。

私の学生の頃は、週末になるとダンスパーティーが頻繁に開かれていました。学生達が仲間内で企画したり、時には、他校と共同で学外の会場を借りて開いたパーティー、それにパーティーに不可欠のバンドとの交渉をしたり、なんと楽しかったこと!

ライブはいつものようにオーナーで、「弾き語り名人」の村尾陸男さんとのDUO。私の企画にそって、”I COULD HAVE DANCED ALL NIGHT”, “CHEEK TO CHEEK”を唄って貰いました。さて、村尾さんの活動を改めてご紹介するまでもありませんが、執筆活動でも大変なご活躍です。これまで、多くの著書を出版されていますが、ベスト・セラーは、1990年から書き始め、貴重な情報満載の”ジャズ詩大全”。既に22巻を出版され、目下この「索引」本を執筆中ですが、この程NHKがこの著書に注目。今年10月から12月の毎週金曜日(13回)、第二放送で”詩の味わい”と云う番組で(20:30~21:00)講座を持つことになりました。ライブ同様に面白いエピソードを紹介されると思いますのでお楽しみに。

尚、私の次回FAROUTライブは7月8日「BIRTHDAY LIVE」です。是非お出かけ下さい。

続きを読む

gallery: 2012/05/25 – FAROUT はコメントを受け付けていません。 カテゴリー: 2012(Gallery) タグ