ONLY LOOK AT YOU

歌唱だけでなく、作詞・作曲にも挑戦! 山下洋輔、田村 博との共作も収録。日本からのスタンダード初発信!
Piano Duetによる待望のCD第三弾・平成17年12月14日全国発売!

CD REVIEW

JAZZ PAGE LINK (1月, 2006)

超ベテラン・シンガー、上山高史の3作目のアルバム。第1作の「ALLEGIANCE」と同じ山下洋輔と田村 博がピアノで参加。オリジナル4曲、内3曲は上山の作詞または作曲で,他はスタンダードおよび童謡をデュオで歌っている。笈田敏夫亡き後,男性ボ-カルの大御所的存在となったが,70歳に手が届くという高齢にもかかわらず新譜をレコーディングするという気概に敬服する。1997年にジャズ・ボーカリストとしてデビューしたばかりなので本人はまだ新人と思っているのかもしれない, しかしノリの良さと音程の確かさは相変わらずで, いぶし銀の魅力を発揮している。正統派ジャズ・ボーカル健在だ。

(兵頭重世)

JAZZ LIFE (1月号, 2006)

60歳で会社員からジャズ・ボーカリストに「復帰」したという珍しい経歴を持つ上山高史。
田村 博のピアノをバックに、上山は柔らかな低音を活かして歌詞を噛みしめるようにじっくりと歌う。嫌味なフェイクやスキャットなどせずに、メロディの良さを最大限に活かした直球勝負の歌唱。この人は本当に歌が、そして曲が好きなんだなあと実感できる心温まるアルバムだ。ブルージーなメロディが旨に沁みる(9) – ワン・フォー・マイ・ベイビーのサビの歌い回しなど絶品である。古くからの共演仲間で、前作にも参加している山下洋輔が、上山の為に書き下ろしたオリジナル曲を2曲提供し、ピアノを弾いてアルバムの価値を高めている。

(星野利彦)

SWING JOURNAL (1月号, 2006)

2000年に30年ぶりのプロ活動を再開した上山の第3作。山下洋輔の強力なサポートを得て、堂々たる歌唱を聴かせる。時にジョニ-・ハートマンの気分が漂うが、中音から高音にかけての伸びはなかなかのもの。英語もまずまずである。立派な英語曲の解釈を感じさせる一方で、最近流行の日本語作品を幾つかあしらってあるのも、その歌心を感じるのにプラスになっている。山下は曲の提供の他に2曲ピアノの伴奏をしているのが聴きもの。
ユーアーニヤアラー、ザ・シングス・ウィ・ディド・ラスト・サマーといった渋好みの曲を取上げていることで、このシンガーのテイストと目指す世界が伺える。

(馬場啓一)

パーソナル

上山高史(Vo)
山下洋輔(P), 田村 博(P)

曲目・解説

  • Only Look At You *
    Y. Yamashita – T. Kamiyama
  • I Cover The Waterfront **
    J. Green – E. Heyman
  • Ev’rything I Love **
    Cole Porter
  •  I’ve Got The World On A String **
    H. Arlen – T. Koehler
  • You’re Nearer **
    R. Rodgers – L. Hart
  • The Nearness Of You **
    H. Carmichael – N. Washington
  • かなりや *
    T. Tamezo – Y. Saijo
  • Bank Of Love *
    Y. Yamashita – R. Yoshitake
  • One For My Baby **
    H. Arlen – J. Mercer
  • My Memories Would Never Learn To Fly **
    T. Kamiyama/ H. Tamura – T. Kamiyama
  • Dreamsville **
    H. Mancini – J. Livingston/ R. Evans
  • The Things We Did Last Summer **
    J. Styne – S. Cahn
  • 星のささやき **
    T. Kamiyama – M. Tachiki
  • The Best Is Yet To Come **
    C. Coleman – C. Leigh

注:
* – 山下洋輔とのデュオ
** – 田村 博とのデュオ。
※ 下線は オリジナル曲。

“ALLEGIANCE”、”THAT OLD PIECES” に次ぐCD第三弾はオリジナル曲を4曲、ジャズ・ボーカルでは珍しい童謡“かなりや”、更に今年生誕100年を迎えたHarold ArlenとJule Styneの名曲等バラード中心に構成しました。アレンジに工夫を凝らし歌唱、又山下・田村両氏のライナーノートも見逃せない興味ある読み物になっています。お楽しみ下さい。


制作 Kami Record
定価/2,800円
(税抜価格/2,667円)

本CDのお問い合わせはこちらへ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中