information: 信濃毎日新聞に登場

信濃毎日新聞
2002年4月6日朝刊

4月6日の信濃毎日新聞(本社:長野市南県町657)朝刊に、上山高史が紹介されました。

還暦を迎えて三度目のプロデビューを果たした六十四歳のジャズボーカリスト、上山高史(かみやま・たかし)のライブが十三日に長野市のホテル国際21で、十四日には上高井郡小布施町の「バド」で開かれる。

上山の最初のデビューは九歳の時。声変わりするまで童謡歌手として活動し、二年間に十五枚のレコードを出した。

二度目は大学卒業後。ジャズのプロ歌手として活動したが、三年間でやめてサラリーマンに転じた。しかし、歌への熱意は持ち続け、ホテルのショーなど機会あるごとに出演していた。

九七年、会社退職後は歌に専念しようと再々デビュー。横浜、川崎市を中心にライブ活動を続けている。ジャズピアニストの山下洋輔とは古くからの音楽 仲間で、たびたび共演している。上山は「なつかしの映画音楽を中心に、楽しんでもらえるライブにします。期待してください」と話している。

信濃毎日新聞 2002年4月6日 朝刊

※ 記事の写真は、上山高史のデビューCD “ALLEGIANCE” 製作の際に撮影されたものです。
写真左:田村博氏 写真右:上山高史
※ 記事の内容、及び誌面写真の著作・所有権は、信濃毎日新聞社にあります。

広告